ニュース一覧

国内で治療できるから安い

目

海外で受ければ60万円からその倍は必要とされる飛蚊症のレーザー治療ですが、国内なら片目で10万円程度から受けられるようになっています。また、2回目以降は半額ほどで済むクリニックが多く、繰り返し治療を受けやすいことも評判です。

詳しく見る

眼圧検査に引っかかったら

女性

目に空気を当てる検査で眼圧が高いとされた場合は、緑内障や高眼圧症という病気の可能性があります。どちらの病気だとしても、眼圧を下げるための治療が必要になる可能性が高いので、眼科に訪れて、正確な検査をしてもらいましょう。

詳しく見る

視野検査をしてもらおう

医師

視野検査の必要性

眼科のドクターに目を診てもらって、緑内障かもしれないと診断されたのなら、視野に問題ないか検査をおこなうことになります。両目をあわせても、30分もかからない検査なので、それほど気構えずに気軽に検査してもらうとよいでしょう。その検査の結果、緑内障であることが分かったのなら、目薬による進行を食い止めるための治療が始められます。軽度の緑内障ならば、一日一回から二回目薬をさすだけのケースが多いので、治療が日常生活に及ぼすデメリットはほとんどありません。なお、初めて眼科に訪れた場合は、その場ですぐには緑内障の検査をしてくれないかもしれません。それは、緑内障の検査の前に、瞳孔を開く目薬を利用して、目の状態を調べるための検査がおこなわれることがあるからです。この瞳孔を開くという検査をした後では、緑内障の検査をおこなうことはできないので、視野検査は次回の通院時になることがあります。そのため、緑内障なのかを確かめたいと考えているのなら、2回の通院が必要になると考えて、スケジュールを調整しておいたほうが無難です。ただし、視野検査の結果は当日に分かる可能性が高いため、後日に改めて通院する必要はありません。したがって、何も問題がなければ、2回程度の通院で終わるため、面倒だと考えずに眼科で診てもらうようにしましょう。ちなみに、緑内障の検査は一年に一回は受けたほうがよいとされているので、たとえ大丈夫だったとしても定期的な利用をお勧めします。

病院の選び方のポイント

ウーマン

目にゴミや髪の毛、雲のような物体が映り込んでしまう症状を飛蚊症と言います。飛蚊症は眼科で治療する事が出来るので、気になる方は足を運びましょう。治療は一時的に視力が低下する目薬を使用する事が多いので、お近くの病院を選ぶようにしましょう。

詳しく見る

見えにくさを感じたら疑う

目元

緑内障は日本での失明原因第1位の病気です。しかし、緑内障になっても生涯失明しない方が多いので心配しすぎず、大切な事は眼科の定期受診する事です。また、緑内障は自覚で気付きにくいのも特徴です。意識的に眼底・眼圧・視野などの検査を受けましょう。

詳しく見る

加齢ととも発生

女性

飛蚊症は稀に重病になる症状ですが、一般的には年齢を重ねると誰にでも起こりやすくなります。一度飛蚊症の症状が出てくると治療は難しいですが、進行を止めることは可能です。日常生活の過ごし方や食べ物などを気にかけると悪化を防ぐことができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 緑内障は早期発見できる|検査を受ける必要性とは All Rights Reserved.