ニュース一覧

加齢ととも発生

女性

症状の進行を止める工夫

飛蚊症は中年に起こりやすく、目の前に小さな虫や糸くずの飛んでいるように見える症状です。飛蚊症は年齢を重ねると誰にでも起こりやすい症状で、稀に失明の恐れがある病気が潜んでいるときがあるため今までの症状と違っている場合には早めに病院を受診するようにします。加齢からの飛蚊症を治療することはできませんが、症状を進行させない工夫はすることは可能です。飛蚊症は眼の老化が原因です。老化の原因は活性酸素を防ぐことが一番です。老化を防ぐためには目のアンチエイジングを意識して行います。喫煙や紫外線は活性酸素を発生させます。禁煙や紫外線を避けるように心掛けるようにします。目を休ませることも老化を抑える工夫となります。パソコンやスマートフォンなど現在は目を酷使してしまう環境です。1時間に1度は目を休ませて、目をブルーライトの光から守るようにします。目の健康に必要な栄養分を補うようにすることも大切です食事はバランスよく緑黄色野菜や豆類などを心掛けます。冷たい飲み物や食べ物は胃腸の働きを弱めてしまいます。胃腸は食べ物の栄養を吸収する役割に深く関わるため温かい食べ物を取るようにします。ドライフルーツやナッツ類は目にはおすすめの食べ物です。普段の食事では補えない栄養分はサプリメントを活用するとサポートに役立ちます。目の健康には、ゼキサンチンやアントシアニンなどの成分がよくドラッグストアや通販などで手軽に入手することができます。

Copyright© 2018 緑内障は早期発見できる|検査を受ける必要性とは All Rights Reserved.