ニュース一覧

眼圧検査に引っかかったら

女性

早急に眼科へ

コンタクトレンズを作るときや健康診断で、目に空気をあてる検査を受けたことがある方も数多くいるでしょう。その検査は眼圧を測るために用意されていて、緑内障の疑いがあるかどうかの目安としても活用されています。もしも、眼圧を測る検査に引っかかって、緑内障の検査を受けることをすすめられたのなら、早急に眼科に訪れましょう。緑内障になると見える範囲が欠けていきますが、早期発見ができれば、目薬や手術で眼圧を下げて視野に問題をださないことできるからです。一度、見えなくなってしまったところは、手術をしても回復させることは不可能なため、とにかく早めの発見が大事になります。ちなみに、眼圧が正常よりもずっと高いからといって、必ずしも緑内障というわけではありません。眼圧が高いだけで視野にはまったく問題がない『高眼圧症』という病気の場合もあるからです。ただし、高眼圧症は緑内障に移行する可能性があるため、こちらの場合も眼圧を下げるための治療がおこなわれる可能性が高いといえます。このように、いずれにしても治療が必要のため、眼圧が高いと指摘されたのなら、眼科で診断してもらうことが必須といえるでしょう。なお、緑内障と診断された場合は、眼圧を下げるための目薬を眼科で処方してもらって、使い続けなければいけません。したがって、一度だけではなく定期的に通院することになるため、通いやすさもきちんと考えた上での眼科選びをおこないましょう。

Copyright© 2018 緑内障は早期発見できる|検査を受ける必要性とは All Rights Reserved.