ニュース一覧

見えにくさを感じたら疑う

目元

定期検診で早期発見を

眼科領域の病気で多くの人が見聞きした事があるのが「白内障」と「緑内障」です。しかし、病気の内容は全く違うもので、その違いを正しく理解している人は少ないのです。白内障は水晶体が白濁して見えにくくなる事で主な原因は加齢の為、誰でもかかると言って良い病気です。一方の緑内障は眼圧が上がって視神経が圧迫され徐々に失われる事で、視野が欠けたり視力が低下したりする病気です。また、緑内障は失明原因第1位の病気である事も有名です。しかし、かかれば必ず失明するという事ではありません。むしろ、生きているうちに失明する事の方が確率は低いのです。眼圧を下げる点眼を使用したり、症状が悪化した場合はレーザー治療や手術を受けたりする事も出来ますから、大事な事は眼科専門医を定期受診する事です。ただし緑内障は気付きにくい事でも有名です。40歳以上の人の20人に1人は緑内障だと言われていますが、そのうち8割の人は自分でこの病気には気付きませんでした。そして、この病気は家族歴も関係ある事が分かっています。家族に緑内障患者がいる場合は他の人より積極的に眼底・眼圧・視野などの検査を受けるようにしましょう。確実性のある予防法は残念ながらありませんが、高血圧や糖尿病、喫煙なども罹患する危険因子として認められています。またカフェインの多量摂取や抗うつ剤の副作用で眼圧が上がる事もある為、基本的な生活習慣を見直す事が結果的に緑内障の予防にもつながります。

Copyright© 2018 緑内障は早期発見できる|検査を受ける必要性とは All Rights Reserved.