ニュース一覧

国内で治療できるから安い

目

2回目以降はお得

今では海外へ行かなくても、国内の一部の眼科で、レーザーを使った飛蚊症治療を受けられるようになっています。以前はこの治療を受けるなら米国などへ渡る必要があり、飛行機代や滞在費なども含めて大きなお金が必要でした。ですが国内のクリニックで受けられるなら渡航費が不要なため、予算を抑えられることでも注目されています。治療料金は各眼科によって違いますが、クリニックによりましては、片目に対して10万円程度から提供されています。2回目以降なら初回の半額程度で済む眼科も多いため、1回で全て取り切れない場合でも、繰り返し治療を受けやすいのです。例えば、片目が10万円のクリニックで両目の治療を3回受けた場合、初回で20万、以降半額料金なら2回治療しても20万円で良いため、40万円程度でおさまります。どれくらいの浮遊物が見えるか、飛蚊症の程度にもよりますが、3回や5回など、何回かに分けて治療を受けられる方が少なくありません。そこでクリニックを選ぶ際、複数回治療を受ける予定なら、初回料金だけでなく、2回目以降の値段にも着目しておくと良いでしょう。また、飛蚊症のレーザー治療はメスを使った外科手術ではありませんので、施術によるリスクが比較的低く、そのことも評価されています。とにかく国外で飛蚊症のレーザー治療を受ければ60万円やその倍は掛かるとされていますから、リーズナブルに受けられる国内の飛蚊症治療に、関心が集まっているのです。

Copyright© 2018 緑内障は早期発見できる|検査を受ける必要性とは All Rights Reserved.